無担保ローン

安心して申込ができる無担保ローンならこの2社で決まりです。

無担保ローンはどこで借りると金利が安く済む?

無担保ローンを利用するには、やはり「利用=返済」が当たり前なので、返済に伴う負担についても考えて選んでいく事が大切です。

 

金利には「金利が安い=変動金利」と「固定金利=計画的利用」につながるものがありますから、この辺の部分から商品を選ぶ事も大切です。

 

通常金利の部分を考えて無担保ローンを組むなら公的金融機関等による借入が妥当ですが、銀行の無担保ローンも金利は低めです。

 

又無担保ローン自体「公的金融機関」「銀行」「信販会社」「消費者金融」等から提供されているので、まずはどこの無担保ローンを利用するかを考えますが「金利をより安く」という目的でローンを利用する場合は、「公的金融機関」により借入する事が金利を低く抑えローンを利用出来ます。

 

公的金融機関に続き金利が低く設定されるのは銀行ですが、銀行は勿論無担保ローンに伴う金利が低いですが、銀行の無担保ローンはすべて金利が低いか?と考えた場合、それは各銀行により異なりますし、尚且つ各銀行のローン商品によっても違うので、銀行で借りると金利が低いと考えるのは間違えです。

 

 

例えば銀行のカードローン(無担保)を利用する場合、銀行のカードローンの金利をみると「最低金利8%〜最高金利15%前後」になりますので、この金利をみると、他業者の無担保ローンとさほど変わりない金利になりますから、銀行の金利が低いとはいえません。

 

消費者金融等でも最近は無担保ローンの金利が低めに設定されているので、銀行の無担保ローンであるカードローンの金利が「8%〜15%前後」の金利なら、無理に審査に時間がかかり、審査の厳しい銀行に審査を申込みする必要がありません。

 

 

金利を安く無担保ローンを組みたいと考えた時には、この要に銀行、信販会社、消費者金融に限らず、金利は商品ごとに設定する数字が違うので、銀行は金利が安いと頭から考えずに、色々な金融機関の無担保ローン商品の金利情報を集め比較し検討していかなくてはいけません。

 

そのため、より安い金利の無担保ローンを利用したい場合は、無担保ローンを提供するすべての金融機関とその商品の金利をよく確認し、見比べきちんと考えていく事が重要なのです。

 

ワンポイント

お金を借りるときの選ぶポイントは人それぞれ違います。金利を最小限に抑えたい人はスピードより金利を優先し急いでいる人は金利よりスピードであります。借りる前に全てのサイトに見に行かないといけないのかというとそうではありません。

銀行ローン

銀行のローンといえども、銀行ローンの内容は各銀行により異なります。

 

 

銀行自体も非常に多く、日本では130行もの銀行があるというので、どの銀行を使うかによってそのローンの内容も異なります。

 

大体、銀行といっても都市銀行から地方銀行があり、普通銀行もあります。

 

しかも、今では少し前にはなかった新しいタイプの銀行もあるので、銀行のローンを利用するといっても選択肢が非常に広いです。

 

 

例えば、カードローンのような目的が自由に利用出来るローンはどの銀行でも扱っているので、利用する側は自分のメリットになるローンを選ぶ事も出来ますし、自分の利用しやすいものを利用する事が出来ます。

 

都市銀行なら今では6行ありますから、都市銀行のローンを利用するにしてもより条件のいいローンを選ぶ事も出来ます。

 

いずれにしても、日本には130行もの銀行が存在しているので、ローンを利用する場合は、一番条件のいい融資を提供する銀行を選べばいいという事になりますが、そもそも銀行の融資商品に伴う金利は各銀行によって違うので、金利の部分はローンの利用を検討の場合はよく確認し選択しなくてはいけませんし、安易に決めると返済の負担が全く異なってしまいます。

 

 

ただどの銀行も目的を持つ、例えば車のローンや教育ローン等は金利が低く、担保必要としないローンだけれども条件よく利用できます。

 

しかし多目的のローンは、銀行の他融資商品より若干金利が高くなります。

 

しかも、カードローン等比較的審査の柔軟なローンになると余計金利は高くなります。

 

このように無担保ローンといっても銀行には幾つかの融資種類に分かれており、条件のよいものほど金利も低く利用の負担が軽減出来るローンとなりますが、カードローンのような自由な目的に利用でき、なお且つ申込み条件も比較的緩いものは金利が高い傾向です。

 

このように、同じ銀行であっても金利は異なり、条件が違います。

 

銀行の無担保ローンを利用する場合でも、他ローンを利用する場合でも銀行ローンを利用する場合は、利便性が高くなりむかしと比べると非常に簡単に利用できます。

 

ですが、各融資は各銀行により異なり、条件等も大きく異なるので、利用の際にはよく確認し比較した上で利用する事が大切ですし、利用の際しては返済の計画もきちんと行い検討しなくてはいけません。